早漏改善手術は効果がない

何とか早漏を改善したくて、思い切って早漏改善手術をやってみました。そのときは、手術をするくらいだから、絶対治るくらいの気持ちでした。

 

僕がやってみたのはコラーゲン手術というもので、亀頭部分に注射でコラーゲンを注入するという方法です。コラーゲンを亀頭に注入して、亀頭を大きくします。亀頭が膨れあがれば、感度が鈍くなって刺激の強いペニスになる結果、早漏も改善するというわけです。

 

亀頭に注射を打ったりして、結構な負担のある方法でしたが、効果はありませんでした。というより、半年で戻ってしまうんです。なぜかといえば、コラーゲンを外部から注入しても、体内に吸収されてしまいます。なので、一時的に大きくなったとしても、また半年後には注射を打たないと早漏の改善にはならないのです。

 

コラーゲン注射は、効果が一時的で、費用も10万くらいかかります。この方法で早漏を完全に克服しようと思えば、半年に一度は注射を打たなければなりません。そこまで考えると、とてもこのやり方で早漏を治したいとは思えません。

 

それに、もともと体内には存在しない薬剤を注入するわけですから、リスクも相当あります。そんなわけでこの早漏改善手術は効果なしと判断して、今では違う方法を模索中です。

 

4つのポイント詳細